絶対に欲しいものがあるなら海外オークションで手に入れる

心に決めたものがあるのに、国内の通販ではなかなか見つからない。そんなジレンマを感じているなら、海外オークションを使ってみてはいかがでしょうか。日本未発売の小説、ずっと探していた骨董品などとの巡り会いがあるかもしれません。日本語で参加できるサイトを使えば、慣れない決済手続きも安心です。

オークション初心者でも安心のサイト「セカイモン」

大手オークションサイト「eBay」の日本語版が「セカイモン」です。全てのやりとり・問い合わせを日本語で完了でき、安心です。会員登録は無料で、ネット環境さえあれば誰でもすぐに始められます。

落札代金に加え(税金+手数料)が必要です

例えばアメリカから出品された商品を買う場合、アメリカ国内の州税・送料+関税+日本国内消費税・送料+セカイモン手数料がプラスしてかかります。これらの費用は、落札代金と合わせてカード決済ができますので、手軽です。

また、オプションで「商品留め置きサービス」もあり、いくつかをまとめて発送できます。サイトを見て回りいろいろと欲しいものが見つかった時、送料を抑えることができお得です。

paypal・Vプリカが使える

「セカイモン」は、セキュリティー機能の安全性で人気の「paypal」を決済に利用することができます。カード番号など個人情報が心配で、海外サイトでは買い物をしたくないという方も多くいますので、大変嬉しいサービスです。

また、カードを持っていない方も利用OKです。このサイトで使われている「Vプリカ」とは、簡単な手続きでカード番号を取得でき、ショッピングが楽しめるサービスです。査定がありませんので、欲しいものが見つかってから申請をしても、充分に間に合います。

荷物の配送状況がメールで届くので安心

日本の郵便配達ネットワークは、世界有数の精度です。これに慣れていると、海外の商品発送の遅さ・ミスの多さに驚くでしょう。「セカイモン」では、日本人利用者からの問い合わせの多さに対応するため、各中継地点に荷物が届いた時、自動でメール配信することになっています。これと発注番号を控えておけば、トラブルの際にもしっかりと対応してもらうことができます。

ネットショッピングが普及する理由の1つは、日本で売っていないものを変えるという点です。オークションサイトでは、それが安く手に入ると言うこともあり、注目が集まっています。カスタマーサポートは日本人向けになっていますので、安心してお買い物を楽しんでください。

日常的にも耳にする骨董品の定義とは!?

「骨董品」などという言葉は日常的にも耳にする言葉の1つであると思います。
では、この骨董品という言葉の定義はあるのでしょうか。

定義としては、希少価値がある古美術・小道具のことを指します。
フランスにおいては「アンティーク」と呼ばれています。
このアンティークから派生した用法として、古いだけで今となっては役立たないもの・がらくたという意味合いも持っています。

骨董品として重要になってくるのは「歴史の深さ」と「希少価値」だといわれています。
ですから、そのジャンルに囚われることは先ず有りません。
食器や文具類などといったものからオモチャ・貴金属などから衣類や家具などそのジャンルは様々です。

海外製の骨董品なども目にすることもあるかと思いますが、一部では持ち出しを許可していない国も存在しています。
これは、文化遺産の保護などが目的となっているのです。
ですから、海外へ持ち出す場合は法に抵触しないかなどと言う注意が必要になってきます。

骨董品それぞれの価値についてですが、現在に置いて流通・生産されていない商品だという事から定価は存在していません。
業者間で形成された相場価格というものはありますがもちろん一定的なものではありません。

年代や希少価値・作者などから保存状態などトータル的に鑑定を行いその価格が決定される仕組みとなっているのです。
ですから、いくら希少価値があるものであっても保存状態が悪い場合などは価格が下落するということもあるのです。

先に触れた相場価格である程度のその価値を想定することもできますが、様々な要因で変化するものとなっています。
例えば、それまでは希少価値があったものでも何らかの要因によって多量に市場に流れる場合。
または、収集家などが大量に処分を行うなどと言うことと鳴ると大幅に市相場価格も下落するのです。
オークションなども骨董品においては行われていますが、こうした結果も相場価格に大きく反映されます。

価値は専門家達が鑑定を行うのが一般的ですが、時には「贋作」などが問題となることもあります。
中には、巧妙に偽造されたものもあり専門家の鑑定さえ欺くものもあるのです。
ただ、そこまで成功に贋作は手間と利益が見合わないなどと言う理由からさほど多くないと考えられています。

実際に骨董品を手にしたいという方は、やはりこのような知識を見につけておいたほうが安心だともまた言われています。
同時に売買価格・相場価格というものも把握しておくと良いでしょう。

気軽に楽しむ骨董の世界へようこそ!

定年退職後の趣味の1つとして「骨董品収集」があります。
骨董品といっても希少価値が高いものから俗に言う「がらくた」と呼ばれるものまで幅広くあるかと思います。

価値という点からすれば、その歴史や作者などから選んでいくのが良いでしょう。
行きつけの古物商の方に、新しいもの・珍しいものが手に入った時には連絡を貰うこともあるのです。

値段については、相場価格に見合ったものであるかという事を基準に考えています。
また、骨董の状態によっても大きく左右されるので作者が有名だから高いとは限らないのです。
残念ながら、状態が良くないのにかなりの値段で提供しようとする古物商もいますからその辺りは自分自身でしっかりと知識を身につけなくてはなりません。
また、信頼をおける古物商と出会うということも大切です。

こうした価値から骨董品を収集するばかりではなく「情を感じる」という作品を収集することもあるのです。
見た瞬間、惹かれるものがあるという骨董品も数多く存在しています。
眺めているだけで幸せになれるようなものもあるものです。
また、家に保管し眺めることで愛着が更に強くなるという事も。
ですから、がらくた市や骨董市というものにも時折足を運ぶようにしています。
その中で運命的な出会いを果たすこともあるのです。

骨董品集めが趣味というと、お金がかかる趣味だなどという人も多いのですがお金を掛けなくても骨董の世界は楽しめるのです。

最近は、小さな人形を買いました。
今では珍しい目が硝子で出来た人形です。
相場価値というものはさほど無いものではありますが、愛くるしく凛とした表情に魅せられて購入をしました。
食器から小道具・人形と幅広く骨董を楽しむのもその世界を更に満喫する要因になるかもしれません。

時には古物商・骨董店めぐりというものも楽しいですし、手に入れることが出来ないような価格のものでも眺めているだけで幸せな気持ちになれるものもありますからぜひともその世界に触れてみてください。