価値のある骨董品は少ないらしい

骨董品は「古いもの」というイメージがあります。
では、この古いものの詳細について考えていきましょう。

実は、このどのくらい古いものなのかというのは、1934年にアメリカにて制定された法律「通商関税法」に定められています。
それによると「製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」という定義が為されているのです。
なおこれは、WTO(世界貿易機関)でも採用されている定義なのです。
加盟国間においては、100年以上前に製造されたことさえ証明されれば関税はかからないものともされているのです。

世界に置いても骨董品には価値があるの・ないものとがあるといわれています。
これは日本だけの考えではないのです。
海外に置いては「ジャンク」「アンティーク」「ラビッシュ」「ヴィンテージ」などという言葉を用います。
先の骨董品についての定義に基づくと100年以上経ったものがアンテークと呼ばれることが多いようです。
それに至らないものをジャンクと呼びます。
双方の中で価値もなく、単純な中古品に近い状態のものをラビッシュと読んでいます。

なお、ヴィンテージについてですが今では衣服などに使われることが多いでしょう。
しかし元はワインの製造年代を意味する言葉として用いられていました。
ワインにおいては、年代を経てかつ質が良いものをこう呼ぶのです。
基本的に質が良いものに対して使う言葉ですので、粗悪なものや人気が無いと判断されたものにはヴィンテージという言葉は使いません。

骨董品の取引は、古物商を通して購入する・オークションで購入するという方法が幅広く知られています。
「骨董市」などで流通していることもありますが、相場価値としては低いものなどが大半であるとも言われています。
ですから、購入者側も価値あるものを手にしたいと考えるようであればそれなりの知識というものが必要になるわけなのです。

価値は時代や状況によって変動することがありますから、一定の価値というものを求めることは難しいでしょう。