日本の骨董の代名詞でもある「焼き物」

日本の骨董品として有名で価値があるものの1つに焼き物があるでしょう。
様々な焼き物があり、それぞれ独特な絵柄や手法がとりいれられています。
世界でもその価値は認められているのです。

では、代表的ないくつかの焼き物について触れていきましょう。

先ず、最も有名と言っても過言ではないのが「伊万里焼」です。
別名有田焼とも呼ばれているこの焼き物は、佐賀県の伊万里市で誕生しました。
特徴としては色合いでしょう。
他の焼き物と比べると圧倒的な色鮮やかさとなっています。
その中でも、特に「色鍋島」と余話ばれるものが価値が高いといわれています。
更に「古伊万里」と呼ばれている最も古い伊万里焼は相場価格も高いようです。

次に「美濃焼」です。
岐阜県多治見市で生産されている焼き物で、国宝となっている茶碗の「卯花がき」はこの美濃焼なのです。
その歴史は深く、古墳時代から焼かれていたのではないかと言う説もあるのです。
この焼き物の特徴は、「瀬戸黒」「引出黒」と呼ばれる漆黒の色合い。
これは、焼き途中に窯から取り出し、磁器を覆っている硝子ぶぶんの解け具合によって冷却する事で黒色がつくのです。
こうした手法は、美濃焼のみといわれているのです。

そして「瀬戸焼」。
こちらは、愛知県瀬戸市で作られている焼き物です。
鎌倉時代から焼かれているともいわれ、その源は中国からのものだとも唱えられています。
「せともの」の語源ともなったのがこの瀬戸焼なのです。
この特徴は、釉薬を使っているという事。
特に価値としては薄い緑や青色をしている灰釉や御深井釉となっています。
この焼き方は、灰の中に含まれている酸化物によって色合いが異なってくるということもあり、どのような色になるか分からないのも特徴の1つ。
だからこそ、美しい色合いのものはその価値も大きいといわれているのです。

このように、日本古来から伝わる焼き物も骨董品としての価値が高いものが沢山あります。
これらの焼き物の中でも状態が良いものなどは特に相場価値もあり収集家たちの注目の的となっているのです。